任意保険の必要性

任意保険の必要性

自動車保険の任意保険は、本当に必要なのだろうか?このような疑問が良く聞かれますが、自賠責保険と同様必須の保険と考えておいたほうが良いでしょう。自賠責保険は車を持っていれば全ての人が加入しているため、事故を起こせば保障は受けられることになります。しかし、自賠責保険の保障の範囲は狭いため、保障とならない対象があると自己負担の支払額が増えてしまいます。お金があり数億円の被害が出ても直ぐに支払うことが出来るなら別ですが、一般の人はそうは行きません。万が一の際に高額な保障額の支払を発生させないために、殆どの人が自賠責保険と合わせて、任意保険も加入しています。数千万円〜億単位での支払いが発生する事もあり、保険に入っていなければ大変なことになります。
今ではインターネット専門の自動車保険も登場していて、長く利用していれば年間数万円程度の掛け金で済む場合もあります。昔と異なり保険料も随分と下がっていて、年間それ程多くない費用の負担で、億単位まで保障されるなら加入していたほうが安心です。
また、任意保険では車両の修理に当てられる車両保険や、搭乗者への保障も付けられるため、自賠責保険では保障されない範囲も適用されて便利です。