自動車保険の主な内容

自動車保険の主な内容

自動車保険の任意保険には主に7種類の保障内容が付けられています。それぞれ利用者によって保障内容を選び、金額も自由に設定する事が出来ます。その7種類の保障内容について詳しく知っておきましょう。
対人保障は事故を起こした時に人に怪我をさせてしまったり、死亡させてしまった時に保障されるものです。車を運転している以上誰でも起こりえるリスクで、人を死なせてしまった時には多額の賠償金が発生します。運転車側に問題が無くても、いつ何所で人が飛び出してくるか分かりませんし、玉突き事故で人に損害を与えてしまう可能性だって否定できません。
対物賠償保険は、物に対した保障ですが、他人の家やガードレールなどの公共物なども保障の対象となります。ガードレールや電柱などの公共物は意外と高額な損害金が発生するため注意する必要があります。
搭乗者傷害保険は同情していた人に対して支払われる保障です。他人を乗せたり、家族を乗せるケースは多いでしょう。絶対に一人で乗ると言うケースは少ないため、必ず付けておきたい保障内容です。
自損事故保険は自分だけの単独事故を起こした際の保障になります。他人や他の物などは損傷させていないわけですから、対物や対人保障と比べると保障額は少なめに設定しても大丈夫です。
その他無保険者傷害保険、人身障害保障保険、車両保険などを任意でつけます。