車両保険は本当に必要?

車両保険は本当に必要?

自動車保険の任意保険の中で加入者が迷うのが、車両保険でしょう。車両保険とは自分の車の損傷を保障してもらうことで、必要だと考える人も言えば、そうでも無い人もいます。また、どのくらいの保証金額を設定すれば良いかも、迷う所です。
車両保険は本当に必要か?と言う点は、その人の車への価値観によって事なって来ます。自身で車を損傷させてしまった他、車上嵐らしと呼ばれる行為にも対応しています。車を動かさなくても他人の車が勝手にぶつかってくる事もあり、保険で損傷を直したいと考えているなら必要な保障内容でしょう。車上嵐らしでは駐車場に止めていただけでガラスを割られるなど損害が発生してしまいます。これらはまったく予想する事はできないため、ある程度の保障として車両保険に加入するのも良いでしょう。
しかし、車両保険には免責と言うものがあり、10万円以下の損害は支払わないなど金額の設定が設けられているため注意しましょう。免責が無ければ当然車両保険の保険料は高額になりやすいです。また、車両保険を使うと翌年の保険料が上がりやすいため、修理代と翌年の保険料の負担額がどちらが高いか見極めて使いたいものです。
低額な修理代なら実費で直したほうが良いと考えるなら、車両保険は不要かもしれません。