対物賠償保険とは

対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、物に対して保障してくれる保障内容のことです。他人の物を損傷させてしまった時や、ガードレールなど公共物を損傷してしまった時にも保障されます。
例えば、他の車に追突してしまった時にも、相手の車を損傷させてしまった事によって、対物賠償保険から支払われます。その他、他人の住宅に車が突っ込んでしまったり、庭のフェンスを壊してしまったなど物に対して保障が行なわれます。相手の車程度でしたら、数十万円〜数百万円とそれ程高額では無いのですが、ガードレールや電柱、踏み切りの遮断器などを破損してしまう事もあるでしょう。これらは意外と高額な料金の賠償金が発生するため、対物賠償保険の保障額は高額設定が基本となります。
対物賠償保険の保障額の設定は1000万円など様々な設定も可能ですが、億単位などの賠償金が発生するケースも考えられるため、無制限で加入しているケースが多いです。踏切事故を発生させてしまい、高額な列車を破損させてしまえば、億単位の賠償金が発生してもおかしくはありません。車を運転している以上、他人の物を損傷してしまう恐れがあるため、対物の保障は必ず無制限で付けるようにすると高額な損害にも対応することができます。