対人賠償保険とは

対人賠償保険とは

対人賠償保険は自動車保険では必須アイテムで、殆どの人が加入しています。他人に怪我をさせたり、死亡させてしまったときに支払われるもので、車を運転する以上誰でもこのリスクを抱えているからです。自分の家族はどうにかなっても、他人の家族を死なせてしまったら多額の賠償金が発生し保険に入っていなければ大変な事になります。
ここで注意したいのが、対人賠償保険はあくまでも他人に対しての損害を与えてしまったときに対象となる保障で、自分の家族への損害は適用とされていません。あくまでも他人への保障となるもののため、自動車保険の中でもより重要な保障内容と位置づけられています。
例えば、死亡事故を起こしてしまった時には、1億円を超える賠償金が発生するケースもあります。自賠責保険だけではまかなう事はできないため、任意で加入している自動車保険から支払われる事になります。自賠責保険の保障額はそれ程多く無く、必ず任意で入る自動車保険の対人賠償保険に加入しておきましょう。実際にも多くの人が加入している現状があり、人に損害を与えたときには多額の賠償金が発生すると考えておくと良いです。
保障額は1億円を超える賠償金が発生する事もあるため、無制限で加入するのがポイントです。